DISCOGRAPHY ディスコグラフィー

琥珀の身体
DIGITAL

琥珀の身体

「琥珀」

 

古の木々の樹脂が、地中に埋もれて化石化してできたもの。
"太陽の輝き"と呼ばれる燃えるような黄金のその石は、
長いものでは数億年の時を越え、旧時代の生命やDNAを保管することから
"神のタイムカプセル"と呼ばれた。

 

太古の植物が流した涙が、 樹脂となり、固形化した"琥珀"。

 

ある日、科学者は気づく。
「その石は、摩擦すると電気を帯びる」

 

科学者は琥珀にギリシャ語で名をつけた。
石の名は"エレクトロン"
のちに"電子"と呼ばれ、全ての物質の構成要素を成す素粒子の名とされた。

 

万能の象徴を掲げ、彼は叫び、嗤う。
「嗚呼、なんと愛らしい。複製しよう、複製しよう”
 そして永遠の絆を手に入れよう!」

 

The Ambroid.

 

電照の民は土を撫で囁く。
「星の記憶 過ぎ去れど消え去らず 琥珀と成りて時をゆく」

 

琥珀とは。そして、愛とは。

 

Written by ゴゴ

 

 

特設サイトへ

 

琥珀の身体

PAGE TOP